忍者コード(忍者CODE)の無料サービス4つを紹介!有料プランとの違いは?

その他

今回は、プログラミングスクール「忍者コード」(忍者CODE)の無料で使えるサービスを紹介します。

先に結論を書いてしまうと、以下の項目が無料で利用可能です。

  • 問題集
  • 有料のお試しを含む動画視聴
  • 有料プラン受講前のサービス
    • カウンセリング
    • 体験レッスン

また、忍者コードには有料プランもあり、無料プランとの違いも紹介しましょう。

特に、有料プランが気になっている方は、雰囲気を知る絶好の機会です。

知らずに受講して失敗すると、受講料を無駄にする可能性があります

是非、後悔しないためにも、無料サービスは活用していきましょう。


>>忍者CODEの詳細はこちら↓

忍者コードの無料サービス4つを紹介!まずは雰囲気を知ろう!

では、以下4つの忍者コードで利用できる無料サービスを紹介していきましょう。

  • 問題集
  • 有料のお試しを含む動画視聴
  • カウンセリング
  • 体験レッスン

それぞれ、詳細を見ていきます。


忍者コードの無料サービス1:問題集

1つ目、無料問題集が用意されています

2024年4月現在で全12コース、416問の問題を、特に会員登録も無しで閲覧することが可能です。

受けられるコースは以下の通り。

  • HTML、CSS
  • JavaScript
  • php
  • Ruby
  • Git
  • SQL
  • Vue
  • SASS
  • CSSAnimation
  • jQueryAnimation
  • HTML
  • CSS

これらの内容は、学習しても実際に使わないとなかなか定着しないものです。

一通り学習したあとの理解度チェックに、是非使ってみてください。


なお、問題の閲覧は無料で可能ですが、実行環境は自分で用意する必要があります。

また、回答と解説を見るためには、LINE登録が必要となります

こういった問題は、答え合わせと解説の理解まで含めて1通りの学習です。

利用する場合は、是非LINEの登録もして、解説を見れるようにしておきましょう。


忍者コードの無料サービス2:有料のお試しを含む動画視聴

2つ目、無料動画を視聴可能です

問題の解説と同じく、視聴にはLINE登録が必要となります

ここではプログラミング未経験者や初学者向けの動画、スキルアップ動画のほか、一部の有料プランで使う動画をお試しで視聴することも可能です。

具体的な教材よりもTipsのような内容が多いため、これをメインで学習を進めることはできません。

他のメインとなる教材があり、補助的に使うことになるでしょう。

便利機能や悩み解決といったものもあるため、気になる内容があれば一度チェックしてみることをオススメします。


もう1つ、本来なら有料プランの受講で視聴が可能となる動画の一部を、無料お試し動画として視聴可能です。

有料プランを登録したいけど、教材動画の雰囲気が知りたい場合に役立ちます。

雰囲気が合わないと、折角の内容も頭に入ってきません。

そういったミスマッチを防ぐためにも、是非事前に確認しておいてください。


忍者コードの無料サービス3:カウンセリング

3つ目、ここから有料プランの受講を視野に入れたサービスですね。

その1つが、無料カウンセリングです。

1回45分、メンターと1対1で面談を行い、色々気になったことを相談することができます。

忍者コードでの学習のほか、自分の今後のキャリアやそのために学習すべき項目なども相談可能です。

事前に予約が必要ですが、最短で1時間後から予約でき、オンラインで面談を行います。

気になったら、【忍者CODE】の右上「無料メンター相談」から申し込みましょう。


忍者コードの無料サービス4:体験レッスン

4つ目、これも有料プランの受講を視野に入れたサービスで、無料体験レッスンです。

簡単なコーディング体験ができるほか、もちろん相談も可能です。

こちらは1回30分、カウンセリングと同じく事前予約が必要となります。

そもそもプログラミングってどんな感じなのか、そこから確認したい方にはこちらの体験レッスンがオススメです。

【忍者CODE】の右上「無料体験レッスン」から予約して、体験してみてください。


忍者コードの有料プランは?無料サービス以外に使えるサポートが充実!

今まで上げた他に、忍者コードには有料プランもあります

無料プランと比較して動画教材、チャットサポートがあるほか、コースによってはさらに追加サポートを受けることが可能です。

その代わり料金がかかってきますが、プログラミングスクールの相場と比較すると、コースによっては安く受講できます。

詳細を見ていきましょう。


有料プランで受けられるサポート

まず、有料プランでは動画教材が視聴可能となります

これを視聴して学習を進めていく形ですが、分からないところも出てくるでしょう。

そんな時に、24時間いつでも質問を投げられるチャットサポートも用意されています。

回数制限や期限も特にないため、一度受講すればずっと使い続けることができます。

また、案件獲得保証プランでは受講後に5万円分の案件を紹介してもらうことができ、サポートを受けながら実際の案件に取り組むことも可能。

さらに、転職支援プランではポートフォリオ作成や職務経歴書の作成までサポートしてもらうことができます。


有料プランの料金と相場

これらの有料プラン、その名の通りですが当然お金が発生します

2024年4月現在、各プランの料金は以下のようになっています。

プラン名分割払いの1ヶ月あたりの料金総額
独学プラン9,800円(税込)
※10回払い
98,000円(税込)
案件獲得保証プラン12,400円(税込)
※20回払い
248,000円(税込)
転職支援プラン17,400円(税込)
※20回払い
348,000円(税込)
2024年4月現在の、忍者コードのプラン別料金表

これについて、キャンペーンがやっていなければ、割引や給付金で安くすることはできません。

特に、転職者を支援する教育訓練給付制度の対象ではないため、この制度を利用したい方は別のスクールを検討する必要があります。


ただし、その給付金も考慮したプログラミングスクールの相場は、2024年4月現在で20万円強と言われています。

給付金利用前の料金相場は、691,680円。
給付金を利用した場合の料金相場は、222,856円となりました。

プログラミングスクール料金比較|費用の相場はどれくらい?│cody

案件獲得保証プラン、転職支援プランは相場を超えていますが、独学プランは相場の約半額で受講することができます。

確かに割引などはありませんが、そもそもが安いと言えるため、そこまで大きなデメリットではないでしょう。


(参考)忍者コード有料プランの評判やオススメな人は?

有料プランが気になっているという方は、評判にも目を通してみるといいでしょう

別記事で、忍者コードの評判やメリット、どんな人にオススメするかをまとめています。

感じ方には個人差がありますが、1つの参考にしてください。


忍者コードの無料サービスまとめ:まずは使ってみよう!

今回は、忍者コードの無料サービス有料プランとの違いをまとめてきました。

無料で問題集や一部の動画視聴が可能で、有料プランに向けた無料カウンセリング、体験レッスンを受けることができます。

本格的に勉強するならやはり有料プランに登録することをオススメします。

が、無料サービスの問題集だけでもアウトプットの補助になり、学習内容の定着に使えます。

これだけで勉強は難しいですが、1つのコンテンツとして勉強に取り入れてみてください。

また、有料プランを検討している場合、カウンセリングと体験レッスンのどちらかの受講を強くオススメします。

これを受けずに後悔することのないよう、無料なので存分に活用していきましょう。


>>忍者CODEの詳細はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました