「RUNTEQ」評判まとめ!契約するなら覚悟を持って

その他

プログラミングスクールの1つ「RUNTEQ」(ランテック)。

  • 未経験OK
  • 現場で使えるノウハウ重視
  • 完全オンライン

などの特徴を持つプログラミングスクールです。

契約を考えているけど、実際どうなんだろう…とお思いの方も多いはず。


そこで、今回はそんなRUNTEQの口コミ情報を調べ、まとめてみました。

良い点はもちろん、悪いと言われている点もまとめますので、是非参考にしてみてください。


>>RUNTEQの詳細はこちら↓

スポンサーリンク

ごく簡単に、RUNTEQを紹介

まず、軽くRUNTEQの紹介をしておきましょう。

もう知ってるよという方は、次の評判の章へ進んでもらって大丈夫です。


RUNTEQは、オンラインのプログラミングスクールです。

未経験からでも現場で活躍できる人材の育成を目的にしていて、学習内容に特徴があります。

RUNTEQではプログラミング自体だけではなく、オリジナルWebアプリの製作を通してアイディア出しから設計なども経験することができます

当然それを成果物として転職時にも活用できるので、技術力の向上をしながら実績を出すことが可能

ただ、公式にも書いてありますが、エンジニアは専門職で、簡単ではありません

だからこそ、1000時間のカリキュラムが組まれており、それをこなす覚悟が必要です。

サポートも講師に回数制限なしで質問可能、転職サポートありなど、充実しています。


RUNTEQの悪い評判

さて、ここから評判ですが、まずは悪いものから見ていきましょう。

当然、どんなサービスでも良い点と悪い点があります

悪い点に目を瞑るのではなく、しっかりそこも踏まえて、総合的に判断したいですね。


悪い評判1:難易度が高い

カリキュラムが難しく、自走力を鍛えることを重要視しているため、仕事が忙しい方だと途中でやめていく人もいる。1日4時間程度の学習時間が確保できる人ならば両立はできる。

RUNTEQ(ランテック)の口コミ・評判 | 総合評価:5, 投稿日:2022/06/16(木) | 【社会人・大学生】プログラミングスクール | コエテコキャンパス

一応悪い評判に入れていますが、人によって大きく評価が分かれるポイントでしょう。

難易度が、高いです。

それに加え、自走力(自ら行動し、問題を解決したり課題を進めたりする能力)を鍛えることも目的に入っています。

上に書いた通り、エンジニアは簡単になれる職業ではありません

そこで、RUNTEQでは1000時間のカリキュラムが組まれています。

ざっと計算すると、毎日4時間、休みなしで勉強しても250日かかる計算です。

それだけのカリキュラムを、転職目的なら現在の仕事と並行して行うのは、かなりのハードワークになるでしょう。

だからこそ、高い技術力を身に付けられるとも言えると思います。


悪い評判2:担当CTに当たり外れアリ

担当CT制度があった。自分の担当になっていたCTさんには、ポートフォリオ制作後の就職サポートをしてもらっていたが、履歴書や職務経歴書などの添削が毎度1週間以上返ってこなかった。添削を受けてから、基本即修正していたが、必ず返信には1週間以上かかっていた。ある時、もう少し早く返してほしいと本人に伝え、謝罪ももらったが、伝えた直後の週でも1週間以上添削返信が来なかったから。(結果的に、担当ではない別のCTさんにこれまでの経緯を伝えたところ、担当CTから再度謝罪が来た。それ以降、添削などの返信頻度が完全に改善されたとは思わないが、当初よりはマシになった。)このような状況では、信頼して色々相談できないから担当CTを変えてほしいと伝えたが、変えてもらえなかったから。

RUNTEQ(ランテック)の口コミ・評判 | 総合評価:4, 投稿日:2022/08/21(日) | 【社会人・大学生】プログラミングスクール | コエテコキャンパス

担当CT制度のCTは、「キャリアトレーニング」の略です。

入学から一人の担当トレーナーがつき、学習継続から就活までサポートしてくれる制度です。

この担当CTに、当たり外れがあるという声が見られました。

人の合う/合わないはやはりどうしてもあり、多少は我慢しなければいけない時もあるでしょう。

しかし、上で引用した口コミでは改善要望を出してもなかなか改善しなかったようで、あまり評価できない点です。


ちなみに、この口コミは2022年8月に投稿されたものですが、その後2023年に少し制度が変わっています

元々は担当CTのみでしたが、現在はCTCA(キャリアアドバイザー)に分けられ、前者が学習サポート、後者が転職サポートといった位置づけになります。

このあたり、詳しくは公式サイトをご覧ください。

RUNTEQのカリキュラムリニューアルのお知らせ|未経験からWebエンジニアへ RUNTEQ BLOG
RUNTEQは学習体験を刷新するべく学習体験をリニューアルすることになりました。


総評

ほとんどの口コミに、難易度の高さが挙げられていました。

他のスクールの口コミも目を通しているのですが、ここまで多く同じ内容が書かれているのはなかなか見ないです。

それだけ難しく、覚悟が必要なスクールであることが分かるかと思います。

ただ、後で詳しく書きますが、無理難題を初学者に押し付けるだけではなく、その壁を乗り越えるためのサポートも充実しているという声も同じくらい多く書かれていました。

このあたり、参考にしてみるといいでしょう。


RUNTEQの良い評判

では、次に良い評判を見ていきます。

先ほどの悪い点と比較して、実際に契約するか考えてみましょう

今回参考にしているコエテコキャンパスでは、評価が5段階中4.7を獲得しています。

そのあたりも参考にしてみるといいかもしれません。


良い評判1:しっかり力がつく

ぶっちゃけ難しいが、かなり力がつく内容になっていると思う。自分の力で進めることができなくても、技術サポートが備わっているので、講師に対して質問できる機会がある。また、受講生同士でカリキュラムに関する勉強会があったりするので、スクール内の環境を使いこなせていれば、進められないということはないと思う。

RUNTEQ(ランテック)の口コミ・評判 | 総合評価:5, 投稿日:2022/11/07(月) | 【社会人・大学生】プログラミングスクール | コエテコキャンパス

悪い評判の1つ目に挙げた難易度の高さの裏返しです。

難易度の高いカリキュラムを乗り越えることで、その分高い技術力を身に付けられます

スクールにおいて重要な質問の機会もあり、それをしっかり活用して進めていくことが求められるでしょう。


良い評判2:自走力が鍛えられる

分からないところを質問するが、答えを教えるのではなくどう解決すべきかというヒントを教えてくれるため、自走力を伸ばせた。

RUNTEQ(ランテック)の口コミ・評判 | 総合評価:4, 投稿日:2022/04/07(木) | 【社会人・大学生】プログラミングスクール | コエテコキャンパス

私は、プログラミング自体の能力と同じくらい自走力も大事だと考えています。

質問に対して、直接答えを教えるのではなく、それをどうやったら解決できるかのヒントが与えられます。

それを元に自力で解決する、自走力を鍛えられます

例えばですが、お金が足りないと困っている人に、お金をあげる(=そのまま答えを教える)か、稼ぎ方を教える(=解決方法を教える)かの違いです。

前者は一時的には良いかもしれませんが、同じ問題が起こった時にまた助けを求めることになります。

後者なら、しっかり自分で解決できるようになるので、再び同じことになっても問題ありません

別の声でググり力が上がったともあり、こういった部分が鍛えられるのは魅力でしょう。


良い評判3:料金に対する内容の質が高い

受講料に対してのサービスの質がとても高いと感じました。カリキュラムの提供、定期的な技術面・メンタル面の面談の実施、ポートフォリオ作成のサポート、就活サポート(自己分析、書類作成、面接練習)とサービスがとても充実していました。

RUNTEQ(ランテック)の口コミ・評判 | 総合評価:5, 投稿日:2023/04/14(金) | 【社会人・大学生】プログラミングスクール | コエテコキャンパス

RUNTEQに限りませんが、プログラミングスクールは基本高いです。

その後転職して収入が上がれば、結果的に安かったと考えることもできるかとは思います。

しかし、それでも一度に数十万の費用だと考えると、気楽に出せる金額ではありません。

だからこそ、質も高いものが求められます

そんな状況で、値段に対する質が高いという口コミが多いのは、嬉しいポイントではないでしょうか。


総評

悪い評判に入れてしまった難易度の高さ、当然それだけでは成り立ちません。

そのカリキュラムやサポートなどの質が高いからこそ、技術力もしっかりと身についていくのでしょう。

また、自走力が鍛えられるのも嬉しいポイント。

もちろん大変ですが、その分のリターンはきっと得られるでしょう。


>>RUNTEQの詳細はこちら↓


RUNTEQをオススメしない人:仕事以外の目的で学習したい人

RUNTEQは、正直言ってしまうと趣味や教養としてなど、仕事以外の目的でプログラミングを学びたい人にはオススメできません

理由は、なんといってもその難易度の高さです。

紹介で書いた通り、現場で活躍できる人材の育成を目的としているため、軽くやっておこう感覚の人にとってはオーバーでしょう


そのほか、自走力を鍛えるため、質問の回答も直接答えを教えるのではなく、解決方法のヒントを貰い、自分で解決する形です。

直接答えが欲しい人も、あまりオススメできません


RUNTEQをオススメする人:転職目的で、覚悟ができている人

絶対に転職するために、何があっても挫折せずにやり切る

そう覚悟ができている人にはオススメできるでしょう。

何度でも書きますが、そもそもプログラミングの習得自体、難易度は高いです。

生半可な覚悟で挑むと、受講料を無駄にしかねません。

その代わり、しっかりやり切ることで、経験も含めてその後の人生役に立つことでしょう。

今後の人生を変えたい、その手段としてプログラミングを身に付けたい本気でそう思ってる人は、後で紹介する無料キャリア相談会に参加してみましょう。


RUNTEQのQ&A 4選

では、よくありそうなQ&Aをまとめてみましょう。

多くは、公式サイトから引用しています。


Q1.受講条件は何かある?

やはり気になるのは受講条件ですが、RUNTEQは特に受講条件がありません

年齢は18歳以上、当然未経験からOKで、さらにオンラインなので場所も関係なし。

ただし、卒業時点で35歳以上の方は、就活サポートが対象外となります。

ここは、制限を迎えそうな方は気を付けてください。

その他、詳しい要件は公式サイトをご覧ください。


Q2.使うPCのスペックはどの程度必要?

当然プログラミングスクールなので、PCが必要になります。

どの程度スペックが必要になるかというと…

  • 共通
    • メモリ:16GB以上(8GBでも問題ありませんが、カリキュラムを進める上で作業が重くなる可能性がございます。)
    • ストレージ:256GB以上
  • Macの場合(推奨)
    • モデル:Mac Book AirまたはMac Book Pro どちらでも学習可能です。
    • チップ:M1またはM2どちらも学習可能です。
    • 製造年数:発売から3年以内の製品(3年以上前の製品でも挙動が問題なく動いていればお持ちのもので学習を始めていただいても構いません。)
  • Windowsの場合
    • OS:Windows10またはWindows11の64bit
    • CPU:Intelの場合Core i5以上かつ6コア以上、AMDの場合Ryzen5以上かつ6コア以上

※これからのご購入をお考えの方には、Macのご購入をお勧めしております。

FAQ | RUNTEQ(ランテック)

こんな感じです。

もしPCを持っていない場合、この費用も必要になるので、そこは計算に入れておきましょう。


Q3.やっぱ授業料高い…なんか割引とかないの?

上でも書いた通り、やはり金額の高さで迷ってしまう人もいるでしょう。

何か値引きがあれば…と思った方に朗報です。

コースの1つ「Webエンジニア転職コース Ruby on Rails専攻」では、専門実践教育訓練給付制度が使用可能です。

額面よりも最大で70%OFFとなる制度、使わない手はないでしょう。

専門実践教育訓練給付制度とは、受給要件を満たすことで、受講料の一部が給付金として支給される制度です。
詳しくは、厚生労働省のWebページを参照してみてください。


Q4.もっと色々知りたいんだけど…

色々書いてきましたが、人によって気になる点は色々あると思います。

それを全て網羅しきるのは難しいので、是非無料のキャリア相談会に参加してみてください

実際に話を聞くことで、よりイメージも掴みやすくなるかと思います。

思ったのと違った…」を防ぐため、極力参加することをオススメします。


キャリア相談会はこちらのページから→【RUNTEQ公式ホームページ】


RUNTEQについてまとめ

今回は、RUNTEQの評判をまとめてきました。

本気で転職したくて、そのためにプログラミングを学びたい人にオススメです。

当然プログラミングの能力は身につくと思いますが、個人的にはそれと同じくらい自走力も必要だと思っています。

それも同じく鍛えられるので、通うなら是非そのあたりも意識して学んでみてください。


>>RUNTEQの詳細はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました